ポグムチャリver.2(在日朝鮮人セクシュアル・マイノリティの交流会)第1回


昨日、本部会主催で初めての「自分を在日朝鮮人&セクシュアル・マイノリティと認識している方のための交流会」である【ポグムチャリver.2】を東京都内で開催しました。
開始直前まで、どんな雰囲気になるのか不安と期待でドキドキしましたが、参加された方はきっとスタッフ以上にドキドキされていたと思います。

参加者は3名で、以下の内容で行いました。

1.自己紹介
2.在日朝鮮人やセクシュアル・マイノリティに関するクイズ
3.セクシュアル・マイノリティ関連ニュース紹介
4.テーマトーク
5.お知らせ・情報交換など

1では、「今、ここにどんな気持ちでいますか?」などいくつかの質問に答える形でそれぞれの自己紹介をしました。

2のクイズは、日本にある朝鮮学校の数(何校あるかわかりますか?)やセクシュアル・マイノリティに関する略称などについてみんなで考えました。

3では、レズビアンだとカミングアウトしてソウル大の総学生会長に当選されたキム・ポミさんに関するニュースと、かのじょの発表文を一緒に読んで、感想をシェアしました。以下は、参考リンクです。

[ハンギョレ新聞]
“나는 레즈비언” 서울대 총학생회장 단독 후보 커밍아웃

[東京新聞]
同性愛の理解徐々に 韓国では名門大、学生会長 公表し就任 ※リンク切れ

4では、「カミングアウト」をテーマにいろんなお話をしました。自分のセクシュアリティに気づいた時期、友人や親、同僚にはカミングアウトしているか、などをお互いに話す中で、日常的に空気のように前提とされてしまう一対一の異性愛主義によって覚える居心地の悪さや疎外感がシェアされたように思います。

5では、スタッフから、東京・代々木で行われる「12・5 国連・人権勧告の実現を! 集会・デモ」のお知らせなどがありました。

【12・5 国連・人権勧告の実現を! 集会・デモのお知らせ】
http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/2015/10/blog-post.html

あっという間に予定の2時間が過ぎてしまったので、その後は場所を移して食事をしながらトークの続きをしました。

スタッフとして感じたのは、お互いの経験や意見に耳を傾けよう、尊重しよう、という参加者の思いやりの心がとても大きいということでした。そしてそれは、日本で在日朝鮮人として、セクシュアル・マイノリティとして生きる中で、きっと数えきれないほど疎外されてきた経験があるからこそ、にじみ出るものだったのではないかと思いました。

参加された方のお一人は、在日朝鮮人でセクシュアル・マイノリティの人に出会ったのは昨日が初めてだったそうです。あらためて、このような場をつくることの意義を考えさせられました。

第二回はまだ未定ですが、来年に入ってまた企画したいと思っていますので、ここまで読んでくださって、少しでもポグムチャリver.2を応援したいな、と思ってくださった方で、フェイスブックをされている方は、ぜひこの記事をFB上でシェアしていただければ幸いです。

https://www.facebook.com/HURAK.SCCP/posts/556749664472574

最後に、参加してくださった方々に心より感謝の気持ちをお伝えしたいです。コマプスムニダ!!