【2018年4.23アクション】いま、日本軍性奴隷問題と向き合う~被害者の声×アート~ 案内文


**ふたつめは かんじ なし**

 

 

 

 

 

 

 

 

<在日本朝鮮人人権協会 性差別撤廃部会 2018年4.23アクション>

 

いま、日本軍性奴隷問題と向き合う~被害者の声×アート~

 

 「地獄だったよ、この世の地獄だった…」(裵奉奇(ペポンギ))

 4月23日は、沖縄で日本軍の「慰安婦」=性奴隷を強いられ、朝鮮の解放/日本の敗戦後、朝鮮女性として初めて自らの被害を明かされた裵奉奇さん(1991年、沖縄にて逝去)の証言が『朝鮮新報』に掲載された日です(1977年)。

 私たち性差別撤廃部会は、昭和天皇の謝罪と朝鮮半島の統一を願った裵奉奇さんの存在を記憶していくために、4月23日を記念して、日本軍性奴隷問題について考えるためのアクションを毎年行ってきました。

 日本軍性奴隷問題が「解決される」として2015年に安倍・朴両政権下で発表された「合意」は、被害者を無視してなされた、国際人権基準に背く談合であったことが明らかになっています。被害者たちは今も、日本政府による事実の認定、真相の究明、公式の謝罪、法的な賠償、責任者の処罰、歴史の教育・記憶などを強く求めています。

 私たちはこのたび、真実と正義を実現しようとする被害者たちの声を伝え、今こそ日本軍性奴隷問題と向き合うために、この問題をテーマとした様々な催し物を行います。

 

 

◇日時◇

 

2018年4月22日(日) 11:00~19:00(受付10:30~)

                 23日(月) 13:00~21:30(受付12:30~)

 

◇会場◇

 

ブレヒトの芝居小屋(東京・武蔵関)

●東京都練馬区関町北4-35-17

●TEL:03-3920-5232 http://www.tee.co.jp

●西武新宿線「武蔵関」駅北口徒歩6分、JR「吉祥寺」駅北口バスのりば4番より西武バス「関町北4丁目」下車徒歩3分(吉祥寺駅より約20分)

 

◇チケット代◇

 

■パネル&アート展

●500円

*当日券のみ

*ご鑑賞が可能な日時:22日(日)11:00~14:30、23日(月)13:00~18:30

*イベント中はパネル&アート展のみの鑑賞はできません

 

■イベント

●前売 一般 2500円 学生・生活困窮者・障害のある方 2000円

●当日 一般 3000円 学生・生活困窮者・障害のある方 2500円

*高校生以下・介助者1名無料

*参加するイベントの数にかかわらず同日であれば同料金

*パネル&アート展鑑賞料も含まれます

 

◇イベントお申込方法◇

 

申込フォームorお電話にてお申込みください。4月19日(木)17時までのお申込に限り前売価格が適用されます。当日、受付にて料金を頂戴します。当日券のご用意もあります。

 

●申込締切

4月19日(木)17時

 

●申込先

https://goo.gl/sMq1Nj (申込フォーム)

03-3920-5232 (東京演劇アンサンブル)

 

◇主催◇

在日本朝鮮人人権協会 性差別撤廃部会

 

◇共催◇

東京演劇アンサンブル切羽委員会

 

◇問合せ◇

在日本朝鮮人人権協会 性差別撤廃部会

〒110-0016 東京都台東区台東3-41-10-3F

TEL 03-3837-2820  FAX 03-5818-5429

hurak.sccp@gmail.com

http://dareiki.org/

 

◇内容◇

 

■パネル&アート展 

 

○日時:① 4月22日(日) 11:00~14:30 ② 23日(月) 13:00~18:30

 

◆パネル:「今こそ知ろう!日本軍性奴隷制」展

~「日本軍『慰安婦』制度とは?」「慰安所は、誰が、どのような目的で作ったのですか?」など、日本軍性奴隷問題のキホンのキからわかるパネルを展示します。アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」作成。在日朝鮮人被害者である裵奉奇さんと宋神道さんについてのパネルも展示します。

 

◆アート:「日本軍性奴隷問題とわたし」展

~朝鮮高校美術部の生徒や、日本の美術界で活躍する在日朝鮮人アーティストたちが作成した、日本軍性奴隷問題をテーマとしたアート作品を展示します。ほぼすべての作品が本展のために作成されたものです。

 

■イベント

 

◆トーク 「日本軍性奴隷問題の現在~宋神道さん支援運動の中で見えてきたもの~」 

~日本軍性奴隷問題解決のために長年奔走されてきた梁澄子さんを迎え、同問題をめぐる昨今の状況、そして在日朝鮮人被害者として唯一日本政府を相手に裁判を起こし、昨年ご逝去された宋神道さんを支援する中でお考えになったことについてお話いただきます。

 

○日時:4月22日(日) 15:00~16:30

○お話:梁澄子(やん・ちんじゃ)さん

~一般社団法人希望のたね基金代表理事、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表。通訳・翻訳、語学講師。在日朝鮮人「慰安婦」被害者宋神道さんの支援をおこない、2007年にドキュメンタリー映画『オレの心は負けてない』製作。

 

◆歌とピアノ

 

○日時:4月23日(月) 19:00~19:15

○歌:Gisaeng(己生) ○ピアノ:金成樹(きむ・そんす)

 

◆2人芝居「キャラメル」

~また1人、ハルモニが息をひきとった。身寄りもなくひっそりと生きた彼女のお葬式は、彼女自身と彼女の友人との2人で執り行われる。死んだはずのハルモニと生きているハルモニの儀式は2人にとって、自分へのはなむけであった。最後は自分達の思いのままにと、歌い踊り、泣き笑い、そしていつしか別れを迎える。誰にでもある喜びも痛みも奪われたある女性達の物語。

 

○日時:① 4月22日(日) 17:00~18:30 ② 23日(月) 19:30~21:00

○脚本:きむ・きがん

○出演:きむ・きがん、洪美玉

 

[役者プロフィール]

○きむ・きがん

~在日コリアン3世 ・劇団石(トル)主宰。役者•シンガーソングライター。日本、滋賀県を拠点に、一人芝居・演劇ワークショップ・音楽ライブなど、全国各地で活動中。パワフルな笑いの中に、常に社会的弱者に目を向けた作品を上演している。 代表作にすべての生き物の尊厳を描いた「カンアジトン(こいぬのうんち)」、在日同胞の100年の歴史を描いた「在日バイタルチェック」、部落差別の歴史と現状を描いた「人の値打ち~たまちゃんとはるちゃん〜」などがある。

 

○洪美玉(ほん・みお)

~1974年、神奈川生まれ。アメリカ留学を機に演劇を本格的に目指す。日本大学芸術学部演劇学科卒業。現在、東京演劇アンサンブル劇団員。イベント開催場所であるブレヒトの芝居小屋を拠点に、全国の児童青少年にも演劇を届ける。本アクション共催の東京演劇アンサンブル切羽委員会委員長。これまで朝鮮、原発、沖縄問題などに向き合う憲法集会、学習会を企画、運営してきた。現在、音楽劇「消えた海賊」で全国の高校を巡演中。

 


 

<ざいにほんちょうせんじんじんけんきょうかい せいさべつてっぱいぶかい 2018ねん 4.23あくしょん>

 

いま、にほんぐん せいどれい もんだいと むきあう~ひがいしゃの こえ×あーと~

 

 「じごくだったよ、このよの じごくだった…」(ぺ ぽんぎ)

 4がつ23にちは、おきなわで にほんぐんの 「いあんふ」=せいどれいを しいられ、ちょうせんの かいほう/にほんの はいせんご、ちょうせんじょせいとして はじめて みずからの ひがいを あかされた ぺぽんぎさん(1991ねん、おきなわにて せいきょ)の しょうげんが 『ちょうせんしんぽう』に けいさいされた ひです(1977ねん)。

 わたしたち せいさべつてっぱいぶかいは、しょうわてんのうの しゃざいと ちょうせんはんとうの とういつを ねがった ぺぽんぎさんの そんざいを きおくしていくために、4がつ23にちを きねんして、にほんぐん せいどれいもんだいに ついて かんがえる ための あくしょんを まいとし おこなって きました。

 にほんぐん せいどれい もんだいが 「かいけつされる」として 2015ねんに あべ・ぱく りょうせいけんかではっぴょうされた 「ごうい」は、ひがいしゃを むしして なされた、こくさいじんけんきじゅんに そむく だんごうであった ことが あきらかに なっています。ひがいしゃたちは いまも、にほんせいふに よる じじつの にんてい、しんそうの きゅうめい、こうしきの しゃざい、ほうてきな ばいしょう、せきにんしゃの しょばつ、れきしの きょういく・きおくなどを つよく もとめています。

 わたしたちは このたび、しんじつと せいぎを じつげんしようと する ひがいしゃたちの こえを つたえ、いまこそ にほんぐん せいどれい もんだいと むきあうために、この もんだいを てーまと した さまざまな もよおしものを おこないます。

 

◇にちじ◇

 

2018ねん4がつ22にち(にち) 11:00~19:00(うけつけ10:30~)

23にち(げつ) 13:00~21:30(うけつけ12:30~)

 

◇かいじょう◇

 

ぶれひとの しばいごや (とうきょう・むさしせき)

  • とうきょうと ねりまく せきまち きた4-35-17
  • TEL:03-3920-5232 http://www.tee.co.jp
  • せいぶしんじゅくせん「むさしせき」えき きたぐち とほ6ぷん、JR「きちじょうじ」えき きたぐち ばすのりば4ばんより せいぶバス「せきまち きた4ちょうめ」げしゃ とほ3ぷん(きちじょうじえきより やく20ぷん)

 

◇ちけっとだい◇

 

■ぱねる&あーとてん

  • 500えん

*とうじつけんのみ

*ごかんしょうが かのうな にちじ:22にち(にち)11:00~14:30、23にち(げつ)13:00~18:30

*いべんとちゅうは ぱねる&あーとてんのみの かんしょうは できません

 

■いべんと

  • まえうり いっぱん 2500えん がくせい・せいかつこんきゅうしゃ・しょうがいの あるかた 2000えん
  • とうじつ いっぱん 3000えん がくせい・せいかつこんきゅうしゃ・しょうがいの あるかた 2500えん

*こうこうせい いか・かいじょしゃ1めい むりょう

*さんかする いべんとの かずに かかわらず どうじつであれば どうりょうきん

*ぱねる&あーとてん かんしょうりょうも ふくまれます

 

◇いべんと おもうしこみ ほうほう◇

 

もうしこみふぉーむorおでんわにて おもうしこみください。4がつ19にち(もく)17じまでの おもうしこみに かぎり まえうりかかくが てきよう されます。とうじつ、うけつけにて りょうきんを ちょうだいします。とうじつけんの ごよういも あります。

 

  • もうしこみ しめきり

4がつ19にち(もく)17じ

 

  • もうしこみさき

https://goo.gl/sMq1Nj (もうしこみ ふぉーむ)

03-3920-5232 (とうきょうえんげき あんさんぶる)

 

◇しゅさい◇

ざいにほんちょうせんじんじんけんきょうかい せいさべつてっぱいぶかい

 

◇きょうさい◇

とうきょうえんげき あんさんぶる きりはいいんかい

 

◇といあわせ◇

ざいにほんちょうせんじんじんけんきょうかい せいさべつてっぱいぶかい

〒110-0016 とうきょうと たいとうく たいとう3-41-10-3F

TEL 03-3837-2820  FAX 03-5818-5429

hurak.sccp@gmail.com

http://dareiki.org/

 

◇ないよう◇

 

■ぱねる&あーとてん 

 

○にちじ:① 4がつ22にち(にち) 11:00~14:30 ② 23にち(げつ) 13:00~18:30

 

◆ぱねる:「いまこそ しろう!にほんぐん せいどれいせい」てん

~「にほんぐん『いあんふ』せいど とは?」「いあんじょは、だれが、どのような もくてきで つくったのですか?」など、にほんぐん せいどれい もんだいの きほんの きから わかる ぱねるを てんじします。あくてぃぶ・みゅーじあむ「おんなたちの せんそうと へいわ しりょうかん」さくせい。ざいにちちょうせんじん ひがいしゃである ぺぽんぎさんと そんしんどさんに ついての ぱねるも てんじします。

 

◆あーと:「にほんぐん せいどれい もんだいと わたし」てん

~ちょうせんこうこう びじゅつぶの せいとや、にほんの びじゅつかいで かつやくする ざいにちちょうせんじん あーてぃすとたちが さくせいした、にほんぐん せいどれい もんだいを てーまとした あーとさくひんを てんじします。ほぼすべての さくひんが ほんてんの ために さくせいされた ものです。

 

■いべんと

 

◆とーく 「にほんぐん せいどれい もんだいの げんざい~そんしんどさん しえんうんどうの なかで みえてきたもの~」 

~にほんぐん せいどれい もんだい かいけつの ために ながねん ほんそうされてきた やんちんじゃさんを むかえ、どうもんだいを めぐる さっこんの じょうきょう、そして ざいにちちょうせんじん ひがいしゃとして ゆいいつ にほんせいふを あいてに さいばんを おこし、さくねん ごせいきょされた そんしんどさんを しえんする なかで おかんがえに なったことに ついて おはなし いただきます。

 

○にちじ:4がつ22にち(にち) 15:00~16:30

○おはなし:やん・ちんじゃ さん

~いっぱんしゃだんほうじん きぼうの たね ききん だいひょうりじ、にほんぐん「いあんふ」もんだいかいけつ ぜんこくこうどう きょうどうだいひょう。つうやく・ほんやく、ごがくこうし。ざいにちちょうせんじん「いあんふ」ひがいしゃ そんしんどさんの しえんを おこない、2007ねんに どきゅめんたりーえいが『おれの こころは まけてない』せいさく。

 

◆うたと ぴあの

 

○にちじ:4がつ 23にち(げつ) 19:00~19:15

○うた:Gisaeng(ぎせん) ○ぴあの:きむ・そんす

 

◆ふたりしばい「きゃらめる」

~またひとり、はるもにが いきを ひきとった。みよりもなく ひっそりと いきた かのじょのおそうしきは、かのじょじしんと かのじょの ゆうじんとの ふたりで とりおこなわれる。しんだはずの はるもにと いきている はるもにの ぎしきは ふたりにとって、じぶんへの はなむけであった。さいごは じぶんたちの おもいいの ままにと、うたいおどり、なきわらい、そして いつしか わかれを むかえる。だれにでも ある よろこびも いたみも うばわれた ある じょせいたちの ものがたり。

 

○にちじ:① 4がつ22にち(にち) 17:00~18:30 ② 23にち(げつ) 19:30~21:00

○きゃくほん:きむ・きがん

○しゅつえん:きむ・きがん、ほん・みお

 

[やくしゃプロフィール]

○きむ・きがん

~ざいにちこりあん3せい ・げきだん とる しゅさい。やくしゃ•しんがーそんぐらいたー。にほん、しがけんを きょてんに、ひとりしばい・えんげき わーくしょっぷ・おんがくらいぶなど、ぜんこくかくちで かつどうちゅう。ぱわふるな わらいの なかに、つねに しゃかいてきじゃくしゃに めを むけた さくひんを じょうえんしている。 だいひょうさくに すべての いきもの そんげんを えがいた「かんあじとん(こいぬのうんち)」、ざいにちどうほうの 100ねんの れきしを えがいた「ざいにち ばいたるちぇっく」、ぶらくさべつの れきしと げんじょうを えがいた「ひとの ねうち~たまちゃんとはるちゃん〜」などがある。

 

○ほん・みお

~1974ねん、かながわうまれ。あめりかりゅうがくを きに えんげきを ほんかくてきに めざす。にほんだいがく げいじゅつがくぶ えんげきがっか そつぎょう。げんざい、とうきょうえんげき あんさんぶる げきだんいん。いべんと かいさいばしょで ある ぶれひとの しばいごやを きょてんに、ぜんこくの じどうせいしょうねんにも えんげきを とどける。ほんあくしょん きょうさいの とうきょうえんげき あんさんぶる きりはいいんかい いいんちょう。これまで ちょうせん、げんぱつ、おきなわもんだい などに むきあう けんぽうしゅうかい、がくしゅうかいを きかく、うんえいしてきた。げんざい、おんがくげき「きえた かいぞく」でぜんこくの こうこうを じゅんえんちゅう。