11/23-24 だれいき全国交流会2019報告


** したの ほうに ふりがないりの ぶんしょうが あります **

 

【全国交流会を開催しました!】

 

2019年11月23~24日、静岡・熱海にて「だれいき全国交流会2019」を開催しました。性差別撤廃部会の活動に関心のある在日朝鮮人の方々を対象としたこの交流会は2017年にスタートし、今年で3回目となりました。今年は19名の方々がご参加くださいました。

 

本交流会は1泊2日のスケジュールで企画しました。1日目のお昼に集合し、海鮮が美味しい熱海ならではのランチを楽しみながら互いに自己紹介を行い、交流会に参加しようと思ったきっかけや最近嬉しかったことなどについてシェアしました。

 

その後、夕食の材料を購入して宿泊施設へ移動し、好きな色や最近ハマっていることなどについてそれぞれ紹介したあと、各地での活動をシェアする時間を持ちました。

 

性差別撤廃部会では現在、関東・関西・東海地方で多様な活動が行われています。最初にご報告くださった関西地方からの参加者の方は、これまで本部会が発行した『だれもがいきいきと生きられる社会のために~性差別撤廃部会連続講座の記録&「在日同胞のジェンダー意識に関するアンケート」結果報告書』(だれいき報告書)の学習会を重ねてきたことなどをご紹介くださり、今後もスタッフ同士協力して活動を続けていきたいと話してくださいました。

 

続いて東海地方からの参加者の方は、愛知県内で主に「ポグムチャリver.1in愛知」の活動を行っていることについてご報告くださいました。関西地方と同じく『だれいき報告書』の学習会を行ったり、セクシュアル・ハラスメントやDVなど性暴力に関する学習会を行ったり、「スタンド・アップ」「チョコレート・ドーナツ」などの映画鑑賞会や食事会を行ったりしてきたとのことです。

 

最後に関東地方の参加者から、日本軍性奴隷制問題の克服を目指す「2/1 金福童さん・李さん追悼緊急アクション」や「4.23アクション」、性の多様性やデートDVに関する朝鮮学校での人権教育出張授業、在日朝鮮人女性たちの生きづらさやもやもやを共有する「ポグムチャリver.1in関東」、初のトーク&音楽イベント「だれいきフェス2019」、在日朝鮮人セクシュアル・マイノリティの交流会「ポグムチャリver.2」などの報告をいただきました。

 

活動共有のあとはお待ちかねのディナータイム!2種類のお鍋にホルモンうどん、エゴマの葉の醤油漬けを巻いたおにぎりなど、数々の美味しい料理をみんなで楽しみました。おなかが一段落したところで、自分の趣味を遠慮なく披露する「好きなものプレゼンタイム」を行いました。おすすめのフィギュアスケート選手やバンド、ライブ映像について数名から紹介があり、YouTube上でそれらの映像をみんなで見ながら感想を言い合い、思い思いにおしゃべりもして、あっという間に夜が更けていきました。

 

翌日は炊きたてのごはんと作りたての豚汁の朝食をいただき、宿泊場所を片付けてチェックアウト。熱海駅周辺の会議室に移動し、ハラスメントに関するワークショップを行いました。

 

まずスタッフから『私たちには言葉が必要だ フェミニストは黙らない』(イ・ミンギョン、2018年)の内容について、他人が否定しようと差別は厳然と存在していること、そのことに合意が取れなければ相手との会話を続けることは不可能であること、差別者からの会話には応じない自由があること、差別があるかないかを語る権利は自分にあることなどについてご紹介がありました。その後、実際にハラスメントを受けた経験や当時の対応、どう切り返したらよいのかなどについて2人1組で話し合い、各組で話されたことを全体で共有しました。

 

その後、最後のプログラムとして海の見える素敵なカフェレストランでランチを取りながら、本交流会に参加してみての感想を交換して本交流会は終了しました。

 

今回の交流会は過去に比べて参加者の年代層が20~60代と幅広くなり(お子さんも含めれば0代も^^)、初対面同士の方々もたくさんいらっしゃいました。他地域で活動している人びとや多様な世代の方々との交流を通じて気づきや刺激を受け、今後自分の住んでいる場所で活動を続けていきたいというありがたい感想を複数いただきました。私自身、あちらこちらで相手の話を真摯に聴き、真摯に言葉を紡ごうとする姿が見られて、相手も自分も大切にすることの大事さを改めて気づかされた交流会でした。

 

最後になりましたが、貴重な時間とお金と勇気を出してご参加くださったみなさまに、スタッフ一同心から感謝申し上げます。真の「だれいき」社会をつくっていくべく、今後もみなさんと共に歩んでいけたら幸いです。ありがとうございました!!!(文責:スタッフW)

 


 

【全国(ぜんこく)交流会(こうりゅうかい)を開催(かいさい)しました!】

 

2019年(ねん)11月(がつ)23~24日(にち)、静岡(しずおか)・熱海(あたみ)にて「だれいき全国(ぜんこく)交流会(こうりゅうかい)2019」を開催(かいさい)しました。性差別(せいさべつ)撤廃(てっぱい)部会(ぶかい)の活動(かつどう)に関心(かんしん)のある在日(ざいにち)朝鮮人(ちょうせんじん)の方々(かたがた)を対象(たいしょう)としたこの交流会(こうりゅうかい)は2017年(ねん)にスタートし、今年(ことし)で3回(かい)目(め)となりました。今年(ことし)は19名(めい)の方々(かたがた)がご参加(ごさんか)くださいました。

 

本(ぼん)交流会(こうりゅうかい)は1泊(はく)2日(にち)のスケジュールで企画(きかく)しました。1日(にち)目(め)のお昼(おひる)に集合(しゅうごう)し、海鮮(かいせん)が美味しい(おいしい)熱海(あたみ)ならではのランチを楽しみ(たのしみ)ながら互いに(たがいに)自己(じこ)紹介(しょうかい)を行い(おこない)、交流会(こうりゅうかい)に参加(さんか)しようと思っ(おもっ)たきっかけや最近(さいきん)嬉しかっ(うれしかっ)たことなどについてシェアしました。

 

その後(あと)、夕食(ゆうしょく)の材料(ざいりょう)を購入(こうにゅう)して宿泊(しゅくはく)施設(しせつ)へ移動(いどう)し、好き(すき)な色(いろ)や最近(さいきん)ハマっていることなどについてそれぞれ紹介(しょうかい)したあと、各地(かくち)での活動(かつどう)をシェアする時(とき)間(ま)を持ち(もち)ました。

 

性差別(せいさべつ)撤廃(てっぱい)部会(ぶかい)では現在(げんざい)、関東(かんとう)・関西(かんさい)・東海(とうかい)地方(ちほう)で多様(たよう)な活動(かつどう)が行わ(おこなわ)れています。最初(さいしょ)にご報告(ごほうこく)くださった関西(かんさい)地方(ちほう)からの参加者(さんかしゃ)の方(ほう)は、これまで本部会(ほんぶかい)が発行(はっこう)した『だれもがいきいきと生き(いき)られる社会(しゃかい)のために~性差別(せいさべつ)撤廃(てっぱい)部会(ぶかい)連続(れんぞく)講座(こうざ)の記録(きろく)&「在日(ざいにち)同胞(どうほう)のジェンダー意識(いしき)に関する(かんする)アンケート」結果(けっか)報告書(ほうこくしょ)』(だれいき報告書(ほうこくしょ))の学習会(がくしゅうかい)を重ね(かさね)てきたことなどをご紹介(ごしょうかい)くださり、今後(こんご)もスタッフ同士(どうし)協力(きょうりょく)して活動(かつどう)を続け(つづけ)ていきたいと話し(はなし)てくださいました。

 

続い(つづい)て東海(とうかい)地方(ちほう)からの参加者(さんかしゃ)の方(ほう)は、愛知(あいち)県内(けんない)で主に(おもに)「ポグムチャリver.1in愛知(あいち)」の活動(かつどう)を行っ(いっ)ていることについてご報告(ごほうこく)くださいました。関西(かんさい)地方(ちほう)と同じく(おなじく)『だれいき報告書(ほうこくしょ)』の学習会(がくしゅうかい)を行っ(いっ)たり、セクシュアル・ハラスメントやDVなど性暴力(せいぼうりょく)に関する(かんする)学習会(がくしゅうかい)を行っ(いっ)たり、「スタンド・アップ」「チョコレート・ドーナツ」などの映画(えいが)鑑賞会(かんしょうかい)や食事会(しょくじかい)を行っ(いっ)たりしてきたとのことです。

 

最後(さいご)に関東(かんとう)地方(ちほう)の参加者(さんかしゃ)から、日本(にほん)軍(ぐん)性(せい)奴隷(どれい)制(せい)問題(もんだい)の克服(こくふく)を目指す(めざす)「2/1 金福童(きむぼっとん)さん・李(り)さん追悼(ついとう)緊急(きんきゅう)アクション」や「4.23アクション」、性(せい)の多様性(たようせい)やデートDVに関する(かんする)朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)での人権(じんけん)教育(きょういく)出張(しゅっちょう)授業(じゅぎょう)、在日(ざいにち)朝鮮人(ちょうせんじん)女性(じょせい)たちの生き(いき)づらさやもやもやを共有(きょうゆう)する「ポグムチャリver.1in関東(かんとう)」、初(はつ)のトーク&音楽(おんがく)イベント「だれいきフェス2019」、在日(ざいにち)朝鮮人(ちょうせんじん)セクシュアル・マイノリティの交流会(こうりゅうかい)「ポグムチャリver.2」などの報告(ほうこく)をいただきました。

 

活動(かつどう)共有(きょうゆう)のあとはお待ちかね(おまちかね)のディナータイム!2種類(しゅるい)のお鍋(おなべ)にホルモンうどん、エゴマの葉(は)の醤油漬け(しょうゆづけ)を巻い(まい)たおにぎりなど、数々(かずかず)の美味しい(おいしい)料理(りょうり)をみんなで楽しみ(たのしみ)ました。おなかが一段落(いちだんらく)したところで、自分(じぶん)の趣味(しゅみ)を遠慮なく(えんりょなく)披露(ひろう)する「好き(すき)なものプレゼンタイム」を行い(おこない)ました。おすすめのフィギュアスケート選手(せんしゅ)やバンド、ライブ映像(えいぞう)について数名(すうめい)から紹介(しょうかい)があり、YouTube上(うえ)でそれらの映像(えいぞう)をみんなで見(み)ながら感想(かんそう)を言い合い(いいあい)、思い思い(おもいおもい)におしゃべりもして、あっという間(あっというま)に夜(よる)が更け(ふけ)ていきました。

 

翌日(よくじつ)は炊きたて(たきたて)のごはんと作りたて(つくりたて)の豚汁(とんじる)の朝食(ちょうしょく)をいただき、宿泊(しゅくはく)場所(ばしょ)を片付け(かたづけ)てチェックアウト。熱海(あたみ)駅(えき)周辺(しゅうへん)の会議(かいぎ)室(しつ)に移動(いどう)し、ハラスメントに関する(かんする)ワークショップを行い(おこない)ました。

 

まずスタッフから『私(わたし)たちには言葉(ことば)が必要(ひつよう)だ フェミニストは黙ら(だまら)ない』(イ・ミンギョン、2018年(ねん))の内容(ないよう)について、他人(たにん)が否定(ひてい)しようと差別(さべつ)は厳然(げんぜん)と存在(そんざい)していること、そのことに合意(ごうい)が取れ(とれ)なければ相手(あいて)との会話(かいわ)を続ける(つづける)ことは不可能(ふかのう)であること、差別者(さべつしゃ)からの会話(かいわ)には応じ(おうじ)ない自由(じゆう)があること、差別(さべつ)があるかないかを語る(かたる)権利(けんり)は自分(じぶん)にあることなどについてご紹介(ごしょうかい)がありました。その後(あと)、実際(じっさい)にハラスメントを受け(うけ)た経験(けいけん)や当時(とうじ)の対応(たいおう)、どう切り返し(きりかえし)たらよいのかなどについて2人(にん)1組(くみ)で話し合い(はなしあい)、各組(かくくみ)で話さ(はなさ)れたことを全体(ぜんたい)で共有(きょうゆう)しました。

 

その後(あと)、最後(さいご)のプログラムとして海(うみ)の見える(みえる)素敵(すてき)なカフェレストランでランチを取り(とり)ながら、本(ほん)交流会(こうりゅうかい)に参加(さんか)してみての感想(かんそう)を交換(こうかん)して本(ほん)交流会(こうりゅうかい)は終了(しゅうりょう)しました。

 

今回(こんかい)の交流会(こうりゅうかい)は過去(かこ)に比べ(くらべ)て参加者(さんかしゃ)の年代層(ねんだいそう)が20~60代(だい)と幅広く(はばひろく)なり(お子さん(おこさん)も含めれ(ふくめれ)ば0代(だい)も^^)、初対面(しょたいめん)同士(どうし)の方々(かたがた)もたくさんいらっしゃいました。他地域(たちいき)で活動(かつどう)している人びと(ひとびと)や多様(たよう)な世代(せだい)の方々(かたがた)との交流(こうりゅう)を通じ(つうじ)て気づき(きづき)や刺激(しげき)を受け(うけ)、今後(こんご)自分(じぶん)の住ん(すん)でいる場所(ばしょ)で活動(かつどう)を続け(つづけ)ていきたいというありがたい感想(かんそう)を複数(ふくすう)いただきました。私(わたし)自身(じしん)、あちらこちらで相手(あいて)の話(はなし)を真摯(しんし)に聴き(きき)、真摯(しんし)に言葉(ことば)を紡ご(つむご)うとする姿(すがた)が見(み)られて、相手(あいて)も自分(じぶん)も大切(たいせつ)にすることの大事(だいじ)さを改めて(あらためて)気づか(きづか)された交流会(こうりゅうかい)でした。

 

最後(さいご)になりましたが、貴重(きちょう)な時間(じかん)とお金(おかね)と勇気(ゆうき)を出し(だし)てご参加(ごさんか)くださったみなさまに、スタッフ一同心(どうしん)から感謝(かんしゃ)申し上げ(もうしあげ)ます。真(しん)の「だれいき」社会(しゃかい)をつくっていくべく、今後(こんご)もみなさんと共に(ともに)歩ん(あゆん)でいけたら幸い(さいわい)です。ありがとうございました!!!(文責(ぶんせき):スタッフW)